【プレスリリース】国内初 動画音声型クイズ「THiNQ」をiPhone/iPadに対応

HOME > プレスリリース > 【プレスリリース】国内初 動画音声型クイズ「THiNQ」をiPhone/iPadに対応

【プレスリリース】国内初 動画音声型クイズ「THiNQ」をiPhone/iPadに対応

~いつでもどこでも隙間時間を活用する新しい学習方法を提案~


【概要】
ロゴスウェア株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:石神 優)は、同社が開発・販売するクイズ/テスト作成ソフト「THiNQ Maker(シンク・メーカー)」の新バージョンにおいて、新たにiPhoneやiPadに対応させたことを発表しました。これにより、いつでもどこでも移動時間を利用しながら、クイズ・テストを気軽に楽しめる新しい学習方法が実現します。


【詳細】
ロゴスウェアが開発・販売するクイズ/テスト作成ソフト「THiNQ Maker」は、問題文や選択肢に動画や音声も扱えるソフトとして、企業内教育から学校教育までの様々な場面で利用されています。

これまで、クイズコンテンツ「THiNQ」は、WindowsまたはMacOSを搭載したパソコン上で閲覧することを前提としていました。しかし、現代における学習は、机の前で行っていたスタイルから、いつでもどこでも学習できるスタイルに変わりつつあります。iPhoneをはじめとするスマートフォンの普及、そしてiPadに代表されるタブレットの登場により、隙間時間を活用した新しい学習スタイルを実現できる時代となりました。

このような流れの中、ロゴスウェアでは、THiNQ 新バージョンにおいて、iPhoneおよびiPadでの閲覧に対応しました。THiNQ Makerで作成されたクイズコンテンツは、パソコン(WindowsおよびMacOS)、iPhone、iPadのブラウザ上で閲覧できるようになります。(Android搭載モバイル端末向けには数ヶ月以内に対応する予定です)

パソコン(Windows,MacOS)向けは従来どおりFlashの環境で動作し、iPhone/iPad向けはHTML5+JavaScriptの環境で動作します。しかし、各デバイスごとに作成作業を行う必要はありません。
複数デバイス用のクイズ・テストコンテンツを作成する場合でも作成作業は一回だけです。
書き出し時に対応させるデバイスを選択すれば、複数デバイス向けに一括で書き出します。

また、作成されたクイズ・テストコンテンツは、閲覧するデバイスが違っても同一のURLを持ちます。
どのデバイスからアクセスされたのかを自動判別し、最適な方法で表示します。
デバイス毎にURLを管理する煩わしさがありません。

ロゴスウェアでは、今後、映像・スライド同期型コンテンツ、および学習管理システム(LMS)のiPhone/iPad対応を予定しており、今回のクイズ・テストコンテンツを含めたeラーニングツールの総合マルチデバイス対応を実現します。
THiNQ マルチデバイス対応

【出荷時期】
2010年9月中旬

【対象製品バージョン】
THiNQ Maker Ver 1.5.0以降

【提供対象プラン】
iPhone/iPad対応はバリュー版を除いた次のTHiNQ Makerに標準搭載されます。
・年間定額制 レギュラー・エキスパート
・パッケージ販売 レギュラー・エキスパート

【サンプルコンテンツ】
・英語テスト
https://suite.logosware.com/wp-content/uploads/thinq/contents/idemo02/
・動画/音声ありコンテンツ
https://suite.logosware.com/wp-content/uploads/thinq/contents/media/
※iPhone,iPadでもご覧いただけます。

【参照URL】
https://suite.logosware.com/thinq-maker/

【THiNQ Maker とは】
ロゴスウェアが開発・販売する多彩な出題形式を備えたクイズ・テストコンテンツ作成ソフト。
出題、回答、解説画面に音声や動画も使え、受講生のモチベーションを高めるリッチなクイズコンテンツを提供。
充実したスキンが標準装備され、簡単にデザインやレイアウトの変更ができる。
各学習者の学習履歴を蓄積し、管理者に学習履歴データを提供する「THiNQ Report」を無償提供。
パソコン(Windows,MacOS)での閲覧に加え、iPhoneやiPadでの閲覧が可能。