【プレスリリース】プレゼン型コンテンツ作成ソフト「STORM Maker」にビデオ書出し機能を搭載

HOME > プレスリリース > 【プレスリリース】プレゼン型コンテンツ作成ソフト「STORM Maker」にビデオ書出し機能を搭載

【プレスリリース】プレゼン型コンテンツ作成ソフト「STORM Maker」にビデオ書出し機能を搭載

~iPhone/iPad、YouTube、デジタルサイネージ用動画コンテンツを簡単に作成


【概要】
ロゴスウェア株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:石神 優)は、 同社が開発・販売するプレゼン型コンテンツ作成ソフト「STORM Maker(ストーム・メーカー)」に新たにビデオ書出し機能を搭載したと発表しました。 これにより、STORM Makerで作成されたデジタルコンテンツは、Web用Flashコンテンツとしてパソコンで閲覧するのみならず、 ビデオ形式のファイルとして出力ができ、iPhone/iPad、YouTube、デジタルサイネージなど様々なシーンでの利用が可能になります。

【詳細】
ロゴスウェア株式会社が開発・販売するプレゼン型コンテンツ作成ソフト「STORM Maker」は、 音声/動画とアニメーション付スライドが完全同期するデジタルコンテンツを簡単に作成できるソフトとして利用されています。 パワーポイントを素材として、簡単に安価で高品質なデジタルコンテンツを作れることが大きな特長となっています。

従来の主な利用目的は、

・ eラーニング教材の作成
・ オンデマンド型セミナーコンテンツの作成
・ 商品紹介コンテンツの作成
の3つでした。これらは、ブラウザのFlashプレーヤー上で動作し、パソコンで閲覧するWebコンテンツとなります。

しかし、最近になり、パソコン以外のデバイスでも閲覧できるようにしたい、というニーズが急速に高まっています。

第一に、eラーニングにおいては、iPhoneやiPadなどの新しいデバイスでの閲覧を可能とし、 場所の制約を受けず、いつでもどこでも学習できるようにしたい、という要求が高まっています。

第二に、広告・宣伝の分野ではデジタルサイネージが普及し始めています。
このデジタルサイネージ用のコンテンツを店舗レベルで簡単に、即座に作成したい、という要求が高まっています。

これらの新たな市場要求に応えるために、「STORM Maker」で作成されるコンテンツを「.mp4 ビデオ形式」で書き出す機能を搭載しました。 生成されたビデオ形式ファイルであれば、iPhoneやiPadでの閲覧をはじめとしてデジタルサイネージでの利用も容易になります。

また、最近では、YouTubeをマーケティング目的で利用することが一般化し、多くの企業が商品紹介ビデオをYouTubeにアップロードしています。 今回「STORM Maker」に搭載したビデオ書出し機能を使えば、YouTubeアップロード用のビデオファイルも簡単に作成できます。


【出荷時期】
 2010年10月 出荷開始予定

【対象製品バージョン】
 STORM Maker:1.6.0以降

【提供対象プラン】
 バリュープランを除く全てのSTORM Makerに標準搭載されます。

【サンプルコンテンツ】
iPhone/iPad閲覧用デモコンテンツ
・デジタルサイネージ用デモコンテンツ
YouTube用コンテンツ

【参照URL】
・STORM Maker
https://suite.logosware.com/storm-maker/
・動作環境
作成ソフト、および作成されたコンテンツの閲覧環境
https://suite.logosware.com/storm-maker/products/requirements/

【STORM Makerとは】
ロゴスウェアが開発・販売するプレゼン型コンテンツ作成ソフト。
映像・音声と説明資料が完全に同期、パワーポイントのアニメーション効果やPPTノートからナレーション音声を自動生成し、 画面上の操作をそのまま記録する「イベント・レコーディング方式」を採用。 検索エンジンに対応し、GoogleやYahoo からテロップやメニューの該当箇所にピンポイントでリンクされる。 作成されたコンテンツは、標準規格SCORMに対応しているため、SCORM対応のLMSで利用可能。 コンテンツ書出し機能にビデオ形式も備え、iPhone,iPad、YouTube、デジタルサイネージ用動画コンテンツも簡単に作成できる。