【プレスリリース】学習管理システム「Platon」をiPhone/iPad対応に

HOME > プレスリリース > 【プレスリリース】学習管理システム「Platon」をiPhone/iPad対応に

【プレスリリース】学習管理システム「Platon」をiPhone/iPad対応に

~学習コンテンツ作成ソフト群も含めeラーニング環境全般のiPhone/iPad対応を完全整備~


【概要】
ロゴスウェア株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:石神 優)は、 同社が開発・販売する学習管理システム「Platon(プラトン)」をバージョンアップし、 新たにiPhone/iPadからの利用も可能にしたと発表しました。

ロゴスウェアでは、同社が開発・販売する3種類の学習コンテンツ作成ソフト(*)でのiPhone/iPad閲覧対応は既に完了しており、 今回のPlatonでの対応をもってeラーニング環境全般のiPhone/iPad対応が完全整備されたことになります。

(*)3種類の学習コンテンツ作成ソフト

プレゼン型コンテンツ作成ソフト「STORM Maker(ストーム・メーカー)」
クイズ・テスト作成ソフト「THiNQ Maker(シンク・メーカー)」
デジタルブック作成ソフト「FLIPPER3 Maker(フリッパー3・メーカー)」

【詳細】
米国アップル社製の新型タブレット「iPad」が今年5月28日より日本でも発売が開始され、新型スマートフォン「iPhone 4」も6月24日から発売が開始されました。
これらのデバイスに牽引される形で、デジタルコンテンツは、パソコンでの利用から、モバイル機器も含めた幅広いデバイスで利用できるようにすることが求められています。

eラーニングを取り巻く環境も同様です。
現代における学習は、机の前で行っていたスタイルから、いつでもどこでも学習できるスタイルに変わりつつあります。 iPhoneをはじめとするスマートフォンの普及、そしてiPadに代表されるタブレットの登場により、隙間時間を活用した新しい学習スタイルを実現できる時代となりました。

これらの新しい学習環境を支援するために、ロゴスウェアでは、eラーニング関連全製品のiPhone/iPad対応に取り組んできました。 今回の学習管理システム「Platon」の対応をもってそれが完成し、eラーニング環境全般におけるiPhone/iPad対応が完全整備されたことになります。

学習管理システム「Platon」は、学習者一人ひとりの学習進捗状況を把握し管理するためのシステム(LMS)です。

社員教員や通信教育においてeラーニングを実施するために利用されます。 今回バージョンアップした「Platon」では、アクセスするデバイスに依存せず、学習履歴を一元管理できます。 したがって、ある部分は自宅のパソコンの前で、またある部分は外出先からスマートフォンで、といったライフスタイルに応じた柔軟な学習スタイルを実現します。 また、パソコンの前でしっかり学習したところを、外出先での隙間時間を利用して復習する場合にも便利です。


#

【出荷時期】 2010年10月19日 出荷開始
【対象製品バージョン】 Platon:1.2.0 以降
【提供対象プラン】 全てのPlaton に標準搭載されます。
【サンプルコンテンツ】 iPhone/iPad閲覧用デモコンテンツ
【参照URL】 https://platon.logosware.com/

【Platon とは】
ロゴスウェアが開発・販売する進捗管理型学習プラットフォーム。
自宅や会社でインターネットを利用した学習=eラーニングの運用を強力に支援するための学習管理システム(LMS)。 同社が提供するeラーニング標準規格SCORMに準拠した学習教材作成ソフトウェア群(iPhone/iPad対応済み)と 組み合わせることにより、先進のモバイル・ラーニング環境を簡単に低コストで構築することができる。
受講者数30名までは導入無料。iPhone,iPadなどマルチデバイスに対応。