【プレスリリース】ロゴスウェア、学習管理システム「Platon」にコース機能を搭載

HOME > プレスリリース > 【プレスリリース】ロゴスウェア、学習管理システム「Platon」にコース機能を搭載

【プレスリリース】ロゴスウェア、学習管理システム「Platon」にコース機能を搭載

~複数講座をセットにして受講者へ割り当て 受講順序指定も可能~


【概要】
ロゴスウェア株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役:石神優)は、同社が開発・販売するeラーニング学習管理システム「Platon(プラトン)」の新バージョンにおいて、コース機能を搭載したと発表しました。コース機能は、複数の講座をセットにして管理する機能で、受講順序を指定できるシーケンス機能を備えています。


【詳細】
ロゴスウェアの開発・販売する学習管理システム「Platon」は、学習者一人ひとりの学習進捗状況を把握し管理するためのLMS(ラーニングマネージメントシステム)です。優れた操作性と低価格で導入できるeラーニングシステムとして、多くの企業で採用されています。

社内教育におけるeラーニングが占める割合が増え、登録される講座数が増加すると、必然的に各受講者への講座割当て作業に多くの時間を費やすようになり、管理側のさらなる効率改善が求められるようになります。

この問題を解決するため、Platon最新バージョンでは、複数講座をセットで管理する「コース機能」を搭載しました。コース機能は、複数講座をグルーピングし、「入社1年目コース」、「マネージャ基礎コース」、などのように学習カリキュラムを設計できます。 そして、受講者へは、コース単位で割当てることが出来ます。

さらに、コース機能では、講座の受講順を指定することができるシーケンス機能を備えています。
つまり、コースの中で、講座A が完了してはじめて講座B が受講可能になるような指定が可能です。
この機能を活用すれば、初級・中級・上級、あるいは、基礎編・応用編などのように、順番にステップアップしていく学習カリキュラムを容易に構築することが出来ます。

ロゴスウェアの提供するこれらの学習管理システムは、Windows、MacOSのパソコンはもちろん、
iOS、Androidなどスマートフォンやタブレット環境でも利用できます。
会社内、通勤時間、自宅、外出先、など、いつでも時間の都合のよい時に学習できる環境を提供します。

学習管理システムPlaton運用のながれ

【出荷時期】
 2012年10月上旬

【対象製品バージョン】
 Platon:1.6.0 以降

【参考URL】
 https://platon.logosware.com/

【Platonとは】
ロゴスウェアが開発・販売する進捗管理型学習プラットフォーム。
自宅や会社でインターネットを利用した学習=eラーニングの運用を強力に支援するための学習管理システム(LMS)。同社が提供するeラーニング標準規格SCORMに準拠した学習教材作成ソフトウェア群(iPhone/iPad/Android対応済)と組み合わせることにより、先進のモバイル・ラーニング環境を簡単に低コストで構築することができる。受講者数30名までは導入無料。iPhone,iPadなどマルチデバイスに対応。外部システムと連結可能なAPI機能サポート。

【会社情報】
ロゴスウェア株式会社:
URL: https://www.logosware.com
本社:茨城県つくば市研究学園C49街区-2 つくばシティア・モアビル5F 502号室
東京:東京都台東区台東4-13-21 TOWA SKY BLDG. 3F
2001年7月に設立されたIT系ベンチャー企業。「情報や知識を、より手軽に、確実に、素早く、低コストで伝えるインターネット ソリューションを提供する」 ことを目標として「eラーニング事業」に加え、「Webコミュニケーション事業」「デジタルドキュメント事業」「Web&コンテンツ事業」を主力業務として事業活動を手がける。


本リリースに関する連絡先:

■製品担当
ロゴスウェア株式会社
Eメール:sales@logosware.com
電話: 03(5818)8011 (平日10:00~17:00)
担当:セールス&マーケティンググループ 伊藤

■広報担当
ロゴスウェア株式会社
Eメール:sem@logosware.com
電話: 029(859)8708 (平日10:00~17:00)
担当: 広報 君島