【プレスリリース】ロゴスウェア、学習管理システム「Platon」をシングルサインオン(SSO)対応に

HOME > プレスリリース > 【プレスリリース】ロゴスウェア、学習管理システム「Platon」をシングルサインオン(SSO)対応に

【プレスリリース】ロゴスウェア、学習管理システム「Platon」をシングルサインオン(SSO)対応に

~1回の認証で複数システムへのアクセスが可能に~

【概要】
ロゴスウェア株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役:石神優)は、同社が開発・販売する学習管理システム「Platon」(プラトン)の新バージョンにおいて、あらたにシングルサインオン(SSO)に対応することを発表しました。これにより、学習管理システム「Platon」と外部システムが一度の認証でアクセスでき、ユーザーの利便性を高めるとともに、シンプルかつセキュアなIT管理を実現します。

学習管理システム(LMS)Platon シングルサインオン対応

【詳細】
企業内で利用するITシステムも、クラウドサービスをはじめとした様々なWebサービスを利用することが一般的になってきました。しかし、利便性が向上した一方で、各サービスにアクセスするための認証が増加し、ID・パスワードの管理は煩雑さを増しています。ユーザーの負担の増加に伴い、パスワードの使い回しなどのセキュリティリスクも同時に高まっています。

このような背景を踏まえ、学習管理システム「Platon」は、一回のユーザー認証で異なる複数のシステムにアクセスできる仕組み「シングルサインオン(SSO)」を装備しました。代表的なシングルサインオンの方式である、SAML、LDAP、OpenID Connectの3種類がサポートされます。


シングルサインオン(SSO)を利用すれば、サービス利用者は、ID・パスワードの管理が軽減され、複数のログイン操作は不要になります。各種システムに同じパスワードを使い回したり、すべてのパスワードを記憶できないためにメモに書き残すことがなくなり、セキュリティリスクの回避にもつながります。

また、システム管理者やアプリケーション開発者は、認証やアクセス制御の仕組みを一元管理することにより、IT環境の管理が容易になり、複数の認証情報の管理やアプリケーションごとに認証機能を開発する負担から解放されます。

従来よりサポートしている、①外部システムと連携できるAPI②多言語対応、に加えて③シングルサインオン対応が備わったことにより、学習管理システム「Platon」の特長である「拡張性」がより一層強化されました。


【出荷時期】
2014年8月

【対象製品バージョン】
Platon:1.7.7.2 以降

【参考URL】
▼Platon
https://platon.logosware.com/
▼Platon シングルサインオン
https://platon.logosware.com/developer/sso/

【Platonとは】
ロゴスウェアが開発・販売する進捗管理型学習プラットフォーム。
自宅や会社でインターネットを利用した学習=eラーニングの運用を強力に支援するための学習管理システム(LMS)。同社が提供するeラーニング標準規格SCORMに準拠した学習教材作成ソフトウェア群(iPhone/iPad/Android対応済)と組み合わせることにより、先進のモバイル・ラーニング環境を簡単に低コストで構築することができる。iPhone,iPadなどマルチデバイスに対応。多言語表示、外部システムと連結可能なAPI機能、シングルサインオン(SSO)をサポート。

【会社情報】
ロゴスウェア株式会社:
URL: https://www.logosware.com
本社:茨城県つくば市研究学園C49街区-2 つくばシティア・モアビル5F 502号室
東京:東京都台東区台東4-13-21 TOWA SKY BLDG. 3F
2001年7月に設立されたIT系ベンチャー企業。「情報や知識を、より手軽に、確実に、素早く、低コストで伝えるインターネット ソリューションを提供する」ことを目標として「eラーニング事業」に加え、「Webコミュニケーション事業」「デジタルドキュメント事業」「Web&コンテンツ事業」を主力業務として事業活動を手がける。


本リリースに関する連絡先:

■製品担当
ロゴスウェア株式会社
Eメール:el@logosware.com
電話: 03(5818)8011 (平日10:00~17:00)
担当:セールス&マーケティンググループ 伊藤

■広報担当
ロゴスウェア株式会社
Eメール:sem@logosware.com
電話: 029(859)8708 (平日10:00~17:00)
担当: 広報 君島