eラーニング構築ガイド

HOME > eラーニング構築ガイド > 学校教育のIT化

世の中のありとあらゆるものがデジタル化され、インターネット化されていく中で、最後に残された領域が学校教育の分野です。ロゴスウェアは、デジタル教科書や離島における遠隔授業など、学校教育のIT化のソリューションを提供してきました。ロゴスウェアの製品・サービスを使えば、大きな投資をすることなく、できるところから一つずつIT化を推進していくことができます。

ロゴスウェア製品による
ソリューション

FLIPPERで
デジタル教科書作成

GigaCastで
講義をライブ配信

THiNQで
テストコンテンツを自作

解決したい用事1

デジタル教科書を作成したい


文部科学省は、2020年までに全国の小中学校、高校にデジタル教科書を導入する方針を正式に発表しました。 全ての生徒にデジタルデバイスを配布することになるため、コストに関わる課題も抱えていますが、デジタル教科書導入に向けた準備が急速に進むことは間違いありません。今後ますますデジタル教科書の活用が期待されます。

ソリューション

LOGOSWARE FLIPPERでデジタル教科書を作成したい


デジタル教科書は、教師側だけでなく生徒側にも確実なメリットがあります。

ロゴスウェアのデジタルブック作成ソフト「LOGOSWARE FLIPPER U」を使い、教科書の基本部分をデジタル化し、更にその上に、教科書ならではの特殊機能(漢字の筆順アニメーション、英文の読み上げなど)をカスタマイズで組み入れる手法が、現在考えられる最も効率的な作成方法です。LOGOSWARE FLIPPER は、パソコン、モバイル、オンライン、オフラインの全ての環境で動作します。

導入事例

学校図書株式会社

学校図書株式会社

「昨年、ロゴスウェア社に平成23年度版小学校国語のデジタル教科書を制作いただき、数々の課題をクリアする確かな技術力、さらに品質に対する真剣な取り組みを目の当たりにいたしました。その実績から御社が信頼できると判断し、今回の平成24年度版中学校英語デジタル教科書の制作を依頼することになりました」

詳細を読む(国語教科書)≫    詳細を読む(英語教科書)≫

解決したい用事2

離島の生徒にも充実した教育を提供したい


人間が将来生きていくための基盤を作る上で、子供への教育ほど重要なものはありません。良質の教育を受ける機会は生まれ育った環境に関係なく等しく誰にでも与えられるべきものです。この問題の解決のためにインターネットを使ったテクノロジーが役立つのなら積極的に使うべきです。

ソリューション

LOGOSWARE GigaCastでオンラインLIVE講義の配信


LOGOSWARE GigaCastは、インターネットを使って遠隔地から先生の授業をライブ配信することができるシステムです。時間や場所の制約から多くの先生を離島に派遣できず、結果として離島の子供たちへの教育の質が低下するという問題の解決に役立ちます。

LOGOSWARE GigaCastは、説明用のスライド資料、カメラ映像、そして、パソコン画面をそのまま配信することができます。配信者に映像配信のための特別な技能などが不要なので、どのような方々にもお使いいただける仕様になっています。授業内容は録画し、繰り返し閲覧できるというメリットもあります。

導入事例

隠岐國学習センター

隠岐國学習センター

「クラウドサービス型のGigaCastプリペイドは、必要なポイントだけ購入すればすぐに利用できるので、遠隔授業導入を容易に行うことができました。おかげで昨年度はたくさんあった欠航による休講もなくなり、安定して毎回授業を行うことができました。」

詳細を読む≫

解決したい用事3

学生向けに小テストを自作して実施したい


多くの熱心な先生たちは、授業内容がどのくらい理解されたのか、何が理解されて何が理解されなかったのかなどを知るためにこまめに小テストを自作して学生たちに提供しています。しかし、作成から集計まで多くの時間を要してしまうのが課題です。

ソリューション

LOGOSWARE THiNQでテストコンテンツを自作


LOGOSWARE THiNQ Makerは、クイズ形式のテストコンテンツを作成するための作成ソフトです。作成したコンテンツはインターネット経由で閲覧可能で、パソコン、スマホ、タブレットの多くのデバイスから利用できます。

LOGOSWARE THiNQ Makerには、スコア機能と呼ばれる機能が搭載されています。スコア機能とは、学生ごとのテスト結果をロゴスウェアが提供するサーバーに蓄積して管理する機能です。そのため、テスト結果の集計と分析作業がとても簡単になります。

スコア機能は、LOGOSWARE THiNQ Makerに標準搭載(「バリュー」グレードを除く)され、また履歴を記録しておくサーバー類もロゴスウェアから無償提供されます。そのため、最低限のコストでオンラインテストが実施できます。

導入事例

共愛学園前橋国際大学

共愛学園前橋国際大学

「毎週講義のはじめに小テストとしてTHiNQ テストを実施しています。 学生もテスト後に自分のスコアがすぐわかり、解説機能があるおかげで、各自必要なところだけ解説で学習する仕組みが出来上がってきました。解説するための時間を省くことができ、かつ、その時間を他の授業で確保することができるようになりました」

詳細を読む≫

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>