eラーニング構築ガイド

HOME > eラーニング構築ガイド > 社内の情報共有

情報は多くの人に活用してもらって初めて価値を持ちます。文書の内容を高めるだけではまだ不十分です。是非、ロゴスウェアの製品を使って、必要な情報を探す時間や表示までの時間も最小限になるように工夫をしてください。

ロゴスウェア製品による
ソリューション

Libra で
ライブラリ構築

解決したい用事1

就業規則、業務マニュアルなどを全部デジタル化して、
社員が必要な時にすぐに検索して閲覧できるようにしたい


多くの会社では、社員が業務上困った時に参照できるように数多くのドキュメント類を用意しているはずです。では、その数多くのドキュメントの中から必要な情報を探し出すのにどれくらいの時間が使われているでしょうか。仮に、1,000人の社員がいるとして、それぞれが情報を探すのに毎日10分を使っているとすると、合計で毎日167時間が探す時間に使われていることになります。この時間をできるだけ短くして、時間をもっと有効なことに使えるようにしましょう。

ソリューション

LOGOSWARE Libra でライブラリ構築


LOGOSWARE Libraは、デジタル化されたドキュメント類を本棚型のインターフェース上に搭載して利用者に提供するためのWebシステムです。LOGOSWARE Libraは、本棚型インターフェースにより情報を視覚化するのみならず、キーワードによる全文横断検索ができるようになっています。そのため、必要な情報に素早くたどり着けます。

また、各ドキュメントの公開先をきめ細かく設定することができるため、部署や役職単位での管理が求められる企業内での利用に最適です。

掲載するコンテンツは、ロゴスウェアのコンテンツ作成ソフトFLIIPER UやSTORM Makerで作成できます。LOGOSWARE Libraにこれらの作成ソフトが付随した販売プランも用意されています。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>