eラーニング構築ガイド

HOME > eラーニング構築ガイド > 教育ビジネス

人々の学びに役立つ優れたコンテンツを所有している方々の中には、インターネットを活用してそれを人に伝える手段を持たないために、せっかくの貴重な財産を埋もれさせてしまっている人がいます。

ロゴスウェアの製品・サービスを使えば、教育ビジネスを手軽に開始できます。

ロゴスウェア製品による
ソリューション

Platonで
eラーニングシステム構築

FLIPPERでデジタルブック化、会員向けライブラリを構築

GigaCastで
オンラインLIVE講義配信

解決したい用事1

学習コンテンツを有料会員向けにオンラインで配信したい


どこにいても都合の良い時間に受講できる便利さが受けて、インターネットを使った学習コンテンツの配信が人気となっています。趣味、資格、教養など幅広い分野のコンテンツ配信が始まっています。コンテンツの中身は持っているので、システム面さえ整備できれば自分も学習コンテンツを提供したいと思っている方々も多いのではないでしょうか。

ソリューション

LOGOSWARE Platonでeラーニングシステム構築


インターネットを使って学習コンテンツを配信する手法をeラーニングと呼びます。 eラーニングを運営管理するために使われるシステムが「LOGOSWARE Platon」です。 LOGOSWARE Platonを使えば、受講者の登録、講座の登録、受講者への講座の割当て、学習進捗の管理などの必要な作業をウェブ画面上で行えるようになります。

教材コンテンツの作成には、ロゴスウェアの3種類の作成ソフト(FLIIPER U、STORM Maker、THiNQ Maker)を使うと効果的です。LOGOSWARE Platonには、これらの作成ソフトが付随した販売プランも用意されています。

また、より本格的なeラーニング構築を望まれるお客さまのために接続用インターフェースAPIも用意されています。お客さま自身の顧客システムや販売システムとの柔軟な連携が可能となっています。収益分配型業務提携を初め、お客さまの使用目的に応じた多様な販売プランが用意されているのも特長です。

導入事例

株式会社ラーニングスクエア

「Platonは、スマートフォン対応が標準として提供されます。最終的に、簡単かつスピーディーに教材を作成できるソフトとモバイル配信対応のLMSがセットになってSaaS型で提供できる点が決め手になりました」

詳細を読む≫

解決したい用事2

文書、書籍を有料会員向けにオンラインで配信したい


日本の出版社数は年々減少傾向にありますが、それでも3,000社(3,588社/2013年調査)を超える出版社が存在します。厳しい市場環境の中、書店を経由した従来の販売方法では採算が取れず、かといって本格的な電子出版ビジネスに参入するリスクも取りづらい、という出版社も数多く存在するようです。

ソリューション

LOGOSWARE FLIPPERを使ってデジタルブック化し、
会員向けライブラリを構築


ロゴスウェアのデジタルブック作成ソフト「FLIIPER U」を使うと、所有する書籍をウェブで閲覧可能なデジタルブック形式にすることができます。デジタルブックへの変換をサーバー側で自動的に実行する「LOGOSWARE FLIPPER サーバーSDK」も用意されており、大量の書籍を所有している方々でも時間をかけず効率良くデジタルブックが作成できます。

作成されたデジタルブックを掲載するライブラリは、通常のウェブページのように、お客さま自身が作成することもできますが、その手間を節約したいお客さまのためには、「LOGOSWARE Libra」が用意されています。

LOGOSWARE Libraは、デジタルブックを本棚型のインターフェース上に掲載して利用者に提供するためのWebシステムです。LOGOSWARE Libraには、各デジタルブック単位で、閲覧できるユーザーの範囲を細かく設定できる機能が備わっています。この機能を使うと、サンプル本は誰にでも自由に閲覧させ、その他は有料会員だけに閲覧させることが可能です。また、有料会員を細かくグループ分けし、各デジタルブック単位で、公開先グループを指定することも可能です。

導入事例

株式会社メディカ出版

「全25の専門誌をWebサイト上で読める有料会員向け新サービスをリリースします。過去のデータを大量に電子ブックにするため、FLIPPER サーバーSDKを導入。コマンドを入力するだけでデジタルブックのファイルが完成でき、専門誌1年分を約4~5時間で書出すことができました」

LOGOSWARE FLIPPER U を利用した当社のデジタルブック制作サービスをご利用いただきました。

詳細を読む≫

解決したい用事3

遠隔レッスンを有料会員向けにライブ配信したい


多くの人たちが、趣味や教養の講座を受講するために、カルチャーセンターや生涯学習センターに通っています。でも、なかなか時間の都合が付かなかったり、近所に適当な講座が無いと言ったこともあるようです。

ソリューション

LOGOSWARE GigaCastでオンラインLIVE講義の配信


LOGOSWARE GigaCastは、インターネットを使って趣味や教養などの講座をライブ配信することができるシステムです。LOGOSWARE GigaCastを使えば、時間や場所の制約から解放されるので、遠方の方々を含めたより多くの方々に講座を届けられます。

LOGOSWARE GigaCastは、説明用のスライド資料、カメラ映像、そして、パソコン画面をそのまま配信することができます。配信者に映像配信のための特別な技能などが不要なので、どのような方々にもお使いいただける仕様になっています。プリペイド制も用意されているので、使いたい時だけ料金を支払って使えるのも特長です。

また、LOGOSWARE GigaCastは、パスワード認証によって受講者を限定できるので、有料会員だけに配信することが可能です。

導入事例

株式会社ベネッセコーポレーション

「20クラスでも30クラスでもライブ授業を同時配信できます。画質もよくなり、ユーザービリティが格段に向上しています。最大の課題であったコストの問題は、GigaCastを導入したことで、他社のシステムに比べて大幅なコスト削減に成功しました」

詳細を読む≫

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>