【プレスリリース】eラーニング制作で中国ZOYAと提携

HOME > プレスリリース > 【プレスリリース】eラーニング制作で中国ZOYAと提携

【プレスリリース】eラーニング制作で中国ZOYAと提携

eラーニング制作で中国ZOYAと提携


eラーニングを中心にしたデジタル・コンテンツ制作を手がける ロゴスウェア株式会社 (以下、ロゴスウェア 本社:茨城県つくば市)と 中国上海に制作拠点を置くコンテンツ制作会社  ZOYA Digital Technology Co., Ltd. (以下、ZOYA 本社:中国上海)は、eラーニング・コンテンツ制作業務において包括的な提携を結ぶことを発表しました。

e-ラーニング・コンテンツ開発におけるロゴスウェアの技術・経験と ZOYA の最先端かつコストパフォーマンスの高いリッチメディア制作技術を組み合わせることにより、両社が目指す「高品質・高機能・低価格なeラーニング」の実現に向けての人的・技術的資源、及びサービス・サポート体制が整いました。

ブロードバンド・インターネットの普及に伴い、豊かな表現力を持ったデジタル・コンテンツを配信する環境が整い始めました。 中でも、eラーニングと呼ばれるインターネットを活用した教育・学習コンテンツは、今後のブロードバンド・コンテンツをリードする最重要分野と注目を集めています。今回の提携合意は、急速に拡大するブロードバンド市場、特にe-ラーニング市場における、質の高いコンテンツへのニーズを反映したものです。

現状のeラーニング・コンテンツは、品質、機能、及びその制作コストの高さにおいて、解決しなければならないいくつかの課題を残しています。今回の提携により、ロゴスウェア及びZOYAは、高品質・高機能を維持したまま、従来の1/2以下でeラーニング・コンテンツを制作するサービスを提供可能となります。
ロゴスウェアとZOYAの制作するeラーニング・コンテンツは、
a) マクロメディア社Flash等を活用した豊かな表現力
b) 個人別学習管理機能を搭載した優れた機能
c) 従来の1/2 以下の制作コスト
を兼ね備えたものになります。従来、その制作コストの高さから参入・導入を断念していた出版社・教育機関・企業などに大きな門戸を開け、eラーニングの更なる市場拡大につながるものと期待されます。

【提供サービス】
今回の提携により、互いのリソース・長所を最適に融合し、eラーニングのシステム及びコンテンツを含めたトータル・ソリューションを安価に提供できるようになります。提供する主なサービスは、以下の通りです。
① 企業・団体向けコンテンツ制作業務
・ 外販用にeラーニング制作を計画している出版社・教育機関
・ 企業内・学校内での導入を計画されている企業・教育機関
これらの両者に対して制作業務を請け負います。制作の中心は、マクロメディア社Flashを利用したものとなります。アニメーション、音声などを活用した現在考えられる最高のeラーニング制作環境です。

② エンドユーザーへのeラーニング提供
エンドユーザーが良質のeラーニング・コンテンツを安価に利用できるように、独自のWebサイトを構築する計画でいます。これは、現在ロゴスウェアが制作・運営している楽習館( http://www.gakushukan.com/ )を更に発展させた形になります。この計画の詳細は、後ほど発表される予定です。

【提携により実現される特長】
「高品質・高機能なeラーニングを低価格で提供する」ことを実現するために、ロゴスウェアとZOYAが開発・提供するeラーニングは次のような特長を持っています。

① 中国・上海での制作
中国はソフトウェア分野での成長も著しく、優秀な技術を持ったコンテンツ・クリエーターが数多く存在します。得に上海はその中心地となっています。人件費は日本に比べると圧倒的に安く、しっかりした仕様書とコミュニケーションが確保されれば、日本で制作する場合と比べて、同品質のものを2分の1以下のコストで制作することが可能です。中国での制作管理はZOYAが担当します。日本における企画・仕様書制作をロゴスウェアが支援します。

② 基本ソフトウェア・モジュールの提供
eラーニング・コンテンツには共通して使用されるいくつかの機能があります。これらをあらかじめ制作された汎用的ソフトウェア・モジュールを使って実現すれば圧倒的に制作の効率が上がります。これには、高機能なeラーニングに必須となる学習管理機能、コンテンツ制作の効率を上げるための各種テンプレートなどが含まれます。高品質・高機能を維持したまま、制作効率を向上させることにより全体の制作コストを抑えることが出来ます。

提供される機能には次のようなものが含まれます。
・ LMS(Learning Management System 学習管理機能)
・ 利用者管理機能
・ コンテンツ管理機能
・ コース管理機能
・ パソコン及び携帯用表示テンプレート
・ コンテンツ編集機能
これらのソフトウェアの基本設計・開発はロゴスウェアが担当します。 ZOYAが開発を支援します。

③ 日本、中国eラーニング市場への相互乗り入れ
現在、中国語を公用語としている人口は約13億人います。これは、英語の15億人に次ぐ多さです。教育・学習コンテンツには世界共通で使えるものが多く存在します。ロゴスウェア及びZOYAはeラーニング・コンテンツの中国語化、及び日本語化に協力してあたります。両社は、クライアントの要求に応じて、制作したコンテンツの中国市場での販売支援を提供します。

——————————————————————————–
【ZOYA Digital Technology Co., Ltd.について】
住所:  本社: 上海浦東郭守敬路498号 浦東ソフトウェアパーク23座101
URL:  http://www.izoya.com/
ZOYA Digital Technology Co., Ltd. はリッチメディアコンテンツ制作における上海のトップ企業です。世界中から注目を浴びている上海浦東ソフトウェアパーク内にオフィスを持ち、経験豊かな日本人ディレクターと高いスキルを持つ中国人SE・制作スタッフにより、質の高いデジタルコンテンツを、短い制作期間と低コストにより提供しています。 また、日本企業の中国進出に際するサポート・コンサルティング業務も積極的に行っております。